おかあさん

アクセスありがとうございます。

5/13(日)は母の日ということで、

今週のお題「おかあさん」について。

f:id:kwk05e3048:20180510135836p:image

今は、母を尊敬しています。

ですが、昔はそう思いませんでした。

大学生の頃アルバイトで、

母と同年代の主婦の方と接する機会もあり、

母のことを話すと、

必ず、

お母さん、すごいね

と言われました。

正直、

何がどうすごいのか分かりませんでした。

私にとっては、

母が今までやっていた事は当たり前になっていましたし、

他のお母さんがどんな感じか考えもしませんでした。

ですが今は、私も結婚し、娘がいるので、

その大変さがよく分かります。

母はめっちゃめちゃ大変だと思いますので、

改めてこのブログで、

感謝の気持ちを綴っていきます。

うちの家族構成は父・母、兄2人、私の5人です。

私は3人兄弟の末っ子で、

よく兄二人に可愛がられて(?)いました。

f:id:kwk05e3048:20180510140146p:image

長男と6つ、次男と4つ離れていた私が、

幼稚園年長の頃、町田から神奈川に引っ越し。

そこから1年も経たないうちに、

父が単身赴任となりました。

中学生に上がる長男など、

育ち盛りの男兄弟3人の面倒も見ながら、

母は在宅で働いていました。

幼稚園は、

家から15分ぐらい歩くところにあり、

一緒に通園していました。

私は引っ越ししたばかりの頃、

新しい環境が怖くて、

母から離れると泣いてしまう子供でした。

登園して泣き叫ぶのは、

1ヶ月くらいは続いていたと思います。

小学校に上がると兄二人を通学していました。

小学校2年の時、

1mぐらいの壁からジャンプして降りて、

遊んでいました。

足を滑らせて顔面から地面に激突し、

鼻血だらけになりました。

通りかかった大人が家まで連れてってくれ、

母が「大丈夫だよ」と励ましてくれつつ、

病院に行き、治療してもらって、

なんともなく家に帰りました。

母は私を慰めてくれました。

唯一怒られたのは、

小学校5年の時、鬼ごっこしていて道路に出たら、車にぶつかってしまいました、

奇跡的にボンネットの上に乗り上げて、

カンフー映画さながらのような感じだったので、

無傷でした。

でも家に帰り、母にその話をしたら

こっぴどく怒られました。

あの時は怖かった。

それから年が経ち、

兄二人も年頃なので、

遊んで遅くに帰る日々もありました。

私自身も友達の家に遊びに行って、

泊まりに行くこともしばしば。

そんな私たちを必ず母は嫌な顔せず、

おかえりと言ってくれました。

心配ばかりかけてごめんなさい。

大学卒業して、就職して、転職して、

一人暮らしして、結婚して、子供が産まれて。

色々な節目にも、母は温かく見守ってくれていました。

自分が、

同じ状況なら口うるさく言っていると思います。

母のおかげで、今、

妻と娘と幸せに暮らせています。

そんな母と父に感謝の気持ちを込めて、

毎週娘の写真を送るようにしています。

f:id:kwk05e3048:20180511223242j:image

まぁ兄夫婦のパクリですが(笑)

そして14歳から必ず母の日に、

カーネーションや贈り物をしています。

感謝の気持ちは毎年強くなっている、

と思っています。

お母さん、いつもありがとう。